6月4日(月)に国立の「たとぱに」さんでまたまたムビラのライブをさせていただくことになりました。
今回も絶賛ソロツアー中の実近修平くんとの合奏スタイルです。

a0184797_00025818.jpg
(写真は2016年のハラレの春。念願のジャカランダの花を見ることができました。)


たとぱにさんで取り扱っている自然栽培綿で出来たくつ下やカーテンなどは、気持ち良くってずっと触れていたい一品です。
その自然栽培綿の生地を時々手に入れては何を作ろうかとニヤニヤしています。

場所 たとぱに (国立駅北口から徒歩約9分)
時間 open 18:30 start 19:30
料金 2300円
お問い合わせ・ご予約 info@tatopani.jp 電話 042-574-2169 (たとぱに)

今回も遅めの時間ですので、お仕事帰りや夕食のあとなどに足を運んでいただけると嬉しいです。

a0184797_00064652.png

私のこの投稿を、たまたま見かけたらばどうぞ心にとめてくださいね。
どなたかに会えるのを楽しみにしてます。

a0184797_00115240.jpg


[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-05-20 00:13 | mbira | Trackback | Comments(0)

子と親


ああ、この人たちは死ぬまでか、あるいは自分自身の事を自身の手で生きる生活が出来なくなるまで子の世話をするのだな。

こんな80歳過ぎた、80歳になろうとする老人たちは、今日も娘の世話をみていました。



姉がここ数日体調を少し崩したので、昼間お世話になっている生活実習所へと両親は、自宅療養させるために引き取りに行きました。

私を含め3人で姉のことをみていてやれるのは幸運なこと。
一人でやっていたら本当に大変だもの。。

大好きな食事なのに、なぜなのかいつも気を荒げながら飯を食らう姉。
でも、3人とも嫌な気もせず介助する。

好きなものいっぱいあるでしょ。
やっぱりがんばって作ってあげちゃう。



母の事が大好きで、苦手な歯ミガキをされながらも、ニコニコと母の顔を覗いては嬉しそうな声をあげる。

寝間着に着替えさせたり顔に薬を塗っていても、ちらちらと母の顔を笑いながら見ては、甘えるように顔を寄せている。
半世紀近く前に撮影された、白黒写真に写る母と幼い娘の私の大好きなシーンがいまだに目の前にある。

もちろん、父や妹の私にも同じような振る舞い、笑顔を向けて甘えてくる。

a0184797_01065301.jpg
                   (この写真は兄と一緒に写ってるもの)


その裏表のない人格、発する声、欲が無いのに愛らしい仕草。
いまだに毎回愛おしくなる。
なんて可愛いのだろう!と。









[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-04-27 01:28 | ねえ、みっちゃん(家族) | Trackback | Comments(0)

復活

1ケ月近くmbiraをほぼ弾いていませんでした。
mbiraを手にしてから初めてのこと。

なんとはなく、無理やり弾こうとすることはせずに過ごし、数日前から再び弾きはじめてみました。

昨晩あたりからなんだか、そして、今日は猛烈なゾミゾミ感……!
久しぶりに心が震えました。


キーを弾いた時に響く生の音と、その間に聴こえてくるはずの幻の音(あるいはその生音と生音との間の空気)を感じて震えました。


a0184797_00261527.jpg


ああ、休眠が必要だったのだな。

ちょうど10年目の頃に。

[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-04-20 00:11 | mbira | Trackback | Comments(0)

3.13.mbira演奏会@たとぱに

再びのお知らせになります✴️
明日13日火曜日に国立の「たとぱに」さんでmbiraの演奏会です。
スタート時間は19:30です。
どうぞよろしくお願いしますー。

a0184797_00424717.png


冬から春へ移るこの時期は、どうにも心や体が落ち着かなかったりするヒトも多いのではないでしょうか。。
ああ、芽吹きの頃だね。と体が感じて。


植物たちが若い芽をぷりぷりと出してきたり、フサフサの蕾やかわいい花を咲かせる様子を見ていると、ヒトだって骨や細胞がモゾモゾと動いてるのねー、なんて思ってみたり。


たとぱにさんでのmbiraの響きもとってもいいので、どこかモゾモゾしているヒトは足を運んでみてくださいましまし。



a0184797_01012417.jpg


葉牡丹に花が咲きそうです。

紫色の奥を覗くと、ワキ芽(というのかな?)がぷちぷちと見えました。
愛おしい…。
a0184797_01021381.jpg

a0184797_01025187.jpg


[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-03-13 00:58 | mbira | Trackback | Comments(0)

吞気にしていたらば、もう3月でしたねー。
3月13日(火)のライブのチラシを作りました。

a0184797_00424717.png

場所 たとぱに (国立駅北口から徒歩約9分)
時間 open 18:30 start 19:30
料金 2300円
お問い合わせ・ご予約 info@tatopani.jp 電話 042-574-2169

今回は遅めの時間ですので、お仕事帰りや夕食のあとなどに足を運んでいただけると嬉しいです。

前回はさむーい雪降る夜の演奏会となり、演奏の合間に時折り見るふわりふわりとした雪景色が印象深かったです。

たまに演奏会をさせていただく縁がありますが、私はやっぱり他者に向けて弾くというよりも、自分の心に向けて、mbiraとの対話で日々弾いてるんですよね。
聴きにきてくれる人たちも、その奏でられる音の中で自身と対話するのでしょうか。

実近くんと会うと毎回音が変化しています。
今回はどんな音になるのか楽しみです。
ごくたまにしか訪れてこないあの合奏音の、ぞみぞみする感じを忘れずに。


a0184797_00440911.jpg
a0184797_00445946.jpg

上の写真は先日見てきた展示の地衣類のもの。
ニュージーランド・グレノーキーの森の苔や地衣類のことを思い出すといまだに大興奮してしまうけど、ロシアのハナゴケのパネル写真でも猛烈に興奮しました。
興奮する瞬間がこの先にも、まだまだ訪れるようでいたいものです。


[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-03-05 00:49 | mbira | Trackback | Comments(0)



a0184797_00590936.jpg
まだ少し先のことですが、3月13日(火)に国立の「たとぱに」さんで再びmbiraの演奏会をさせていただくことになりました。

今回は演奏開始の時刻が19:30になりますので、お仕事帰りや夕食の後などに足を運んでいただければ嬉しいです。

a0184797_01000268.jpg

現在ジンバブウェに滞在中で、濃密なmbira lifeを過ごしているであろう実近修平くんとの合奏スタイルです。


a0184797_01012461.jpg
日本でふわふわしながら生活している自分が一緒に弾けるものかどうか冷や冷やものですが、精進していきます。。

(写真は2016年に訪れた時の春のジンバブウェの様子です。)


詳細はまた後日投稿しようと思いますので、またこちらのページを覗いていただければありがたいです。


[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-02-17 01:03 | mbira | Trackback | Comments(0)

母の誕生日用の

ピンとこなくて何度も手を加えていたのですっかり遅くなってしまいましたが、今年の母へのお誕生日プレゼントが仕上がりました!

a0184797_23361831.jpg

ここのところ服が続いていたのですが、今使っているバッグがヘタってきたので新調しました。

持ち手は短く、中のポケットは大きめにして2つにしたので使いやすくなると思います。

表生地は益久さんの自然栽培の綿で、内袋はネットで購入した紫色のリネンです。

a0184797_00162121.jpg

益久の自然栽培の糸やアブリルの紬糸を使って刺繍したり、羊毛をフェルト化させて模様を施すことで、なんとか落ち着きました。

想像以上に喜んでもらえたので、嬉しかったです。

ほっ。。。

a0184797_00433819.jpg


夏みかんスカッシュと夏みかんピールも作りました。
(スカッシュは砂糖をまぶして一晩おいて、翌日少し煮詰めて完成。炭酸水などで割って飲みます。)


a0184797_00445777.jpg


夏みかんピールは母の大好物。

大切に食べてくれるところが素敵です。


[PR]
# by mbiranemikyo | 2018-02-14 23:33 | ちくちく縫いもの | Trackback | Comments(0)